ファスティング体験記(準備食)&6月の休診日お知らせ

2017年05月29日

こんにちは~♪

たいよう整骨院ブロガー木村です!

みなさん大変お待たせいたしました!!(えっ・・・待ってないって・・・聞こえない聞こえない)

ファスティング(断食)体験記を綴っていきます!!(勝手に進めていきます)

色々なやり方がある中で、私が行ったのはミネラルファスティングというものです。

ミネラルファスティングとは酵素発酵乳酸菌ドリンク(以下酵素ドリンク)を使った断食のことです。

酵素ドリンクを飲む、あとは梅干しをかじるだけで6日間過ごしました!!

いきなりその6日間ではなく、始める前2日間は準備食期間で、ここがとても大切なのです。

準備食の大切さを説くために肝臓の説明をしますね♪

ファスティングをすると、最初の1日~3日間の肝臓はいつも以上に忙しく働きます。

肝臓にはエネルギーを生産・貯蔵するという働きがあります。

ファスティング中はエネルギー不足になり、貯蔵していたエネルギーを体内に送り出そうと、

肝臓は大忙しなのです。そして疲労した肝臓はエネルギー生産効率が下がるので、

疲労感や、背中・腰の張り、痛みといった症状が現れることも(+o+)

肝臓かわいそう(>_<)

でもファスティングは細胞が生まれ変わり、溜まっている有害物質を排毒(デトックス)するので、

ファスティングで一番元気に生まれ変わるのは肝臓と言っても過言ではないんです(●^o^●)

ファスティングを終えた後のわたしの感想は、

『疲れが残りにくいな』『朝の目覚めが楽になってる』って思いました。(小学生の感想・・・)

これはエネルギー生産工場の肝臓が元気になった証です!!!

逆を返せばファスティング中に大忙しの肝臓くんを、

ファスティング前に休ませることが大事なのです!!

つまり、準備食でどれだけ肝臓を労わる食事が出来るかが、

ファスティングの効果に関わってくるということなのです。

肝臓思いの食事メニューを考えるのに、

『まごはやさしいわ』

を覚えていただくと食材選びの目安になります。ぜひ取り入れて下さい♪

ま・豆類 豆腐 納豆

ご・ごま類 ナッツ

は・発酵食品 漬物 お酢

や・野菜

さ・魚

し・椎茸 キノコ類 生姜

い・芋 穀物類(米、発芽玄米、雑穀)

わ・わかめ 海藻

ただ、メニュー選びは神経質にならずに、無理なくリラックスして選んで大丈夫です。


それでは6月のお休みのお知らせをいたします。

板橋区たいよう整骨院 6月のお休み

 ↑の写真のとおり、13日(火)休診となります。

宜しくお願いいたします<m(__)m>


次回はファスティング中にやることの体験記報告の予定です。(変わるかも・・・)

これからファスティングやろうと考えている方や、自己流でやっているという方は、

一度専門家のサポートを受けながら行うことをお勧めします。

わたしは今回専門家のトレーナーにしっかりサポートして頂きながら行うことで、

不安なく、楽しいファスティングが出来ました(*^^)v

わたしの知識でお答えできる事、実体験はお伝えできますので、

お気軽にご相談下さいませ♪

ではではまた~(^o^)/